指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ
お買い得指輪情報
スポンサードリンク

星座別の守護石

宝石はお守り

誕生月による宝石の分け方もありますが、生まれた星座によるお守りとしての守護石もあります

占星術では、その人の運命は生まれた時の星の位置と密接な関係があるという考えに基づき、1年を12の星座に分け区別しています
12の星座には10の惑星があり、この10の惑星が私達を支配する神だとされています
この惑星のパワーは色による象徴があるので、私達は生まれながらにして自分の色を持っているわけですね

自分の星座の宝石が何であるか、色は何色なのかを知り、その宝石を身に付けることは、自分自身のパワーを強めてくれる、運勢が良くなっていくと信じられているそうです

宝石に縁の薄い日本では余り浸透していないようにも感じますが、もし自分を守ってくれる守護石を身に付けることで、星からのパワーを受け取ることが出来て運命が良い方向へ導かれるのならば、星座別の守護石とそのカラーを身近に置いておきたいものですよね
星座別の占いなどは日本でも盛んですし、21世紀になってなお注目され続ける星座別の違いってなんなのだろうと改めて考えてしまいます
12の星座で守護石を紹介していきますね

    指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。