指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ
お買い得指輪情報
スポンサードリンク

結婚指輪

結婚指輪としてのプラチナの価値

結婚指輪としてのプラチナの価値について

  << サイズ変更が可能 >>

結婚指輪は、普段からいつもはめてる方が多いでしょうね
それだけに、妊娠中や産後にサイズが変わってしまうことはよくあることです
プラチナは、専門店でサイズ変更が可能な金属です

  << 手入れが簡単 >>

プラチナは、酸、アルカリ、汗などにも強く、特別な手入れをすることもなく使用できる優秀な金属といえます
もし、キズがついたりゆがんでしまっても、専門店でみがき直し等やってもらえますよ

  << 今後も値上がり >>

結婚指輪を使わなくなっても、売れます・・・(^。^;)
その際重要なことは、プラチナの重さです
結婚指輪の平均的な重さは、3〜4グラムくらいですが、購入される時は、6〜7グラムくらいのしっかりした指輪ですと、その分高く売れますよ

  << プラチナの表示単位 >>

プラチナの品位は、銀と同じように1000分率で表示されます
pt1000 = プラチナ100% ですが、指輪などに使う場合は強度を補うためにパラジュームが混合されてます
pt900 pt950 などが一般的です


pt.jpeg

↑プラチナの結婚指輪ペア

      指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ

結婚指輪

結婚指輪としての指輪の価値

結婚指輪としての指輪の価値だけで言えば、プラチナが一番でしょう

プラチナは工業用にも用途があり、産出量自体が少ないのでその価値は上がってきています

以前は、1グラム1000円ほどだったのが、最近は5000円近くになってきています

ただ、資産価値としてでなく、二人の結婚指輪ですから当然二人でよく相談して決めるべきです

指輪でなくペアの腕時計でもいいと思いますし、男性はつけない人も多いようなので、割り切って男性用の結婚指輪は安いものして、その分女性用の結婚指輪をいいものにするとか

初めから結婚指輪婚約指輪もなしにして、その代わり新居に費用を当てるとか、選択肢は多くあると思います

結婚指輪をオリジナルで作るのもいいし、ブランドものの結婚指輪より数割は安くていいものができるでしょうね

ブランドの結婚指輪にこだわりたいなら、婚約指輪とのセットで販売されてますので単品よりはお買い得でしょう

結婚式が決まったら、早めに(3ヶ月くらい前に)注文しましょう
式の1ヶ月前には手元に届くように、なんらかの変更にも対応できるように、早めがいいですよ

結婚指輪はお給料の3ヶ月分などとは、遠い昔のことです
二人でよく相談して決めればいいことですよ

最近の調査では、結婚指輪はペアで15万円前後が多いようです

        指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。