指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ
お買い得指輪情報
スポンサードリンク

指輪の誕生石

12月誕生石ターコイズ(トルコ石)

12月誕生石ターコイズ(トルコ石)です

トルコ石とは呼ばれてますが、トルコでは一切産出されません

きれいな水色が可愛いターコイズですが、イミテーションも多くて
購入の際は鑑別書でご確認くださいね

イラン、中国、アメリカが主な産出国です
ターコイズの表面に「ネット」と呼ばれる黒っぽい網目模様があるものは非常にめずらしく価値も上がります

イラン産のトルコ石がもっともきれいなスカイブルーをしてます
緑がかったものや色が淡いものは、トルコ石としての価値は下がりますよ

アクリル加工や樹脂加工されたターコイズも多いのでご注意ください

toruko2.jpg

12月誕生石ターコイズ(トルコ石)


       指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ

指輪の誕生石

11月誕生石トパーズ

11月誕生石トパーズです

日本で人気の高いのは黄色のトパーズですが、ピンク、赤、青、緑などもあります

しかしよく間違われることも多く、黄色のトパーズは黄水晶と
ブルーのトパーズはアクアマリンと混同されます

黄色のトパーズは、特にインペリアルトパーズ(皇帝)と指定して購入された方がいいでしょう

また、トパーズは熱による変色をしますので、無色のトパーズに熱加工して黄色のトパーズで販売されてることもあります
こういったトパーズは、光を浴び続けるうちに色褪せていきます
後でガッカリしないように品質には気をつけましょうね

toparz.jpg

11月誕生石トパーズ


      指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ

指輪の誕生石

10月誕生石トルマリン

10月誕生石トルマリンです
10月誕生石にはもう一つオパールもありますのでそちらもごらんくださいね

トルマリンには、無色から赤、黄色、緑、青、紫、黒などもありますが、一般的には濃いグリーンのグリーントルマリンが多いそうです

最も素晴らしいトルマリンは、ブラジル産のパライバトルマリンです
パライバトルマリンで1カラットを越えるものは非常に少なく、ましてや3カラットとなるとほとんど存在しないそうです

トルマリンの中には、2色以上の色合いを見せるものもあり、特にパートカラートルマリンと呼ばれます

また、外周が緑で内側が赤やピンクのトルマリンもあり、スイカに似ているのでウォーターメロントルマリンと言います

こうした珍しい色合いのトルマリンもいかがですか?

torumarin.jpg

10月誕生石トルマリン


     指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ

指輪の誕生石

10月誕生石オパール

10月誕生石オパールです

10月誕生石にはもう一つトルマリンもありますのでそちらもごらんくださいね

オパールを選ぶならば、黒の地色を持つブラックオパールが価値は高くなります

オパールも加熱処理することによって、地色を黒にすることが可能になっています
これは人工オパールとなり、天然のブラックオパールとは区別されています

極端に値段の安いブラックオパールは気をつけましょう

oparu.jpg

10月誕生石オパール


      指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ

指輪の誕生石

9月誕生石サファイヤ

9月誕生石サファイヤです

紫がかった濃いブルーのサファイヤが、最も財産的価値は高いのですが、他にも黄色、緑、オレンジ、ピンク、無色のサファイヤもあるんですよ

鉱物学上は、ルビーと同じコランダムに入るサファイヤですが
ルビー同様合成サファイヤが多く出回ってます

人口石は価値が落ちるのはもちろんですが、天然石のサファイヤと変わらない値段で販売されてることもあります

インドやミャンマー産のサファイヤが高く評価されますが、近年はほとんど産出されず、資産としての価値は高まるばかりです

safaia2.jpg
9月誕生石サファイヤ


      指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ

指輪の誕生石

8月誕生石ペリドット

8月誕生石ペリドットです

日本ではそれほどメジャーなペリドットではありませんが、欧米では高い人気があるそうです

オリヴィン(かんらん石)と呼ばれるのは、その独特な緑色であり
オリーブグリーンの黄緑色、深い緑色のペリドットも多くあります

ミャンマーやアメリカなどで産出されるペリドットですが、希少価値はあまり高くないので、10カラット以上を購入されるのをおすすめします

ペリドットは産地によって色の特徴も違いますが、見た目の美しさで選ぶことは重要ですよ

peridot.jpg

8月誕生石ペリドット


       指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ

指輪の誕生石

7月誕生石ルビー

7月誕生石ルビーです

♪そうね 誕生石ならルビーなの

思わず惹きこまれてしまうその深い赤い色が魅力のルビー
ダイヤモンド(10度)に次ぐ硬さの9度あるルビー

鉱物学的に言うと、酸化アルミニュームの結晶であるコランダムに入り、赤いのがルビー、それ以外の色はサファイヤです

近年産出量が減ってきており、資産価値も上がっているルビー
ミャンマー産のルビーが最高と言われてますが、一概には言えません
ルビーの色、インクルージョン(内包物)、輝きで評価します

と言っても、結局は好みの問題でしょうね

原産地に観光で行った人が安いルビーの原石を見ますが、日本に輸出されないCクラス以下のものがほとんどで、良質なルビーはプロによって買い付けされてしまっています

ruby2.jpg
7月誕生石ルビー

     指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ

指輪の誕生石

6月誕生石真珠

6月誕生石真珠です

真珠の価値は、その巻きにあるといわれます
真珠の核を巻いている真珠層の厚みなので、厚ければ厚いほど光の反射が深く光沢のいい真珠となるそうです

形を見ても、真円に近いほど大きいほど評価も上がります
「天使の涙」と呼ばれるドロップ形をしたものも価値があります

ピンク、白、黒、シルバー、クリーム、ゴールド、イエローと
色も豊富な真珠で、世界の9割を日本で生産しています

真珠は自然が造ったものなので、傷はあって当たり前です
気にする必要はないでしょう
まったく傷もエクボもない真珠はかなり高価になりますよ


paru.jpeg

6月誕生石真珠


     指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ

指輪の誕生石

5月誕生石エメラルド

5月誕生石エメラルドです

エメラルドの価値をはかる基準は、その色と透明度でしょう
緑色が濃すぎても薄すぎてもダメで、鮮やかに深いエメラルドグリーンと呼ばれるに値するのでしょう

また、エメラルドはインクルージョン(内包物)があればこその
緑色なので、他の宝石ほどこだわる必要はありません

エメラルドに限らず、色は好みでもありますし、資産と考えないのであれば、好きな色見を選んだ方がいいかもしれませんね


emerarud1.jpg

5月誕生石エメラルド


     指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ

指輪の誕生石

4月誕生石ダイヤモンド

4月誕生石ダイヤモンドです

婚約指輪などに一番人気があるのがダイヤモンドですね

万物の中で最も硬い石であり、58面体(ブリリアンカット)に
カットすると最高の輝きを放つ女性の憧れの宝石です

無色透明と思われがちですが、ピンク、黄色、茶色、ブルーなど
もあります

しかし、一般のダイヤモンドと較べると発掘される確率は非常に
低く0.06%程度だそうです

その為値段も天文学的な数字になるらしく、市場に出回っているのはほとんどがカラー処理された石ということです


daiya.jpeg

4月誕生石ダイヤモンド


   指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ

指輪の誕生石

3月誕生石アクアマリン

3月誕生石アクアマリンです

「海の水」という意味のアクアマリンは、透き通るようなブルーが最大の特徴です

天然だと当然インクルージョン(内包物)が入るのですが、アクアマリンに関しては入ってない透明感の高いもの、色の濃いものが価値があります

「サンタマリアアフリカーナ」と呼ばれる濃いブルーのアクアマリンは、モザンビーク産です

薄めのアクアマリンは、ファッションジュエリーとしても人気です
ブルートパーズと非常によく似ていて、よく混同されてます
ご注意くださいね


akuamarin3.jpg

3月誕生石アクアマリン


    指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ

指輪の誕生石

2月誕生石アメジスト

2月誕生石アメジスト(紫水晶)です

アメシストとも呼ばれますが、日本では水晶の中でも一番人気ですよね

薄紫色のアメジストをあしらったファッションジュエリーも若い女性の間で支持されています

アメジストは、色が濃いほどよく透明感の高いものが価値があります  >値段も上がりますが  ^^

合成のアメジストも盛んに製造されており、天然との区別がつきにくい石です

天然のアメジストならば、インクルージョン(内包物)が入るのが普通ですし、さわってみて冷たいはずです

一番確実なのは、信頼できるお店で購入することですし、直接
「天然ですか?」と聞いてみてください  ^^


amejist.jpg


2月誕生石アメジスト


    指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ

指輪の誕生石

1月誕生石ガーネット

1月誕生石ガーネットです

ガーネットというのは、一つではなくグループの呼び名なんですよ
一般にガーネットというと赤い色を連想されるでしょうが他にも
黒、緑、紫など豊富なカラーバリエーションを持っています

ガーネットは色や成分の特徴によって、グループ分けされています
これは、産出される場所によって、結晶する時に含まれる金属元素の種類や量が異なるためです

下の画像の指輪は、ロードライトガーネットというバラ色をした美しいガーネットです

ganet.jpg

1月誕生石ガーネット


     指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ

指輪の誕生石

指輪の誕生石

指輪の誕生石といわれるものは、実は国ごとに違います

以下日本でよく知られている一般的なわけ方です 

<<1月>>    ガーネット(柘榴石)

 <<2月>>    アメジスト(紫水晶)
 
 <<3月>>    アクアマリン(藍玉)
          
 <<4月>>    ダイヤモンド(金剛石)
          
 <<5月>>    エメラルド(翠玉、緑玉)
          
 <<6月>>    パール(真珠)
          
 <<7月>>    ルビー(紅玉) 
 
<<8月>>    ペリドット(橄欖石)
          
 <<9月>>    サファイア(青玉)

 <<10月>>   オパール(蛋白石)
          トルマリン(電気石)

 <<11月>>   (イエロー)トパーズ(黄玉)
           
 <<12月>>   ターコイズ(トルコ石)
          ラピスラズリ(瑠璃、青金石)
          
実は宝石にはそれぞれが持つ不思議なパワーやそれにまつわる
色んな逸話が残っています

上記に入ってる指輪の誕生石は、由来などがはっきりしていない
ことも多く、指輪を売らんかなという宝石商のネライかも?
 ^^

   指輪の結婚@指輪の婚約@リングサイズ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。